過去の経歴と仕事

   

    

代表・多田博之 プロフィール

職歴

1986年
ソニー株式会社入社
コンポーネント営業本部営業推進部に配属(OEMビジネスを主体とする)
国内セールス、海外マーケティング、営業管理等を統括係長として担当
1996年
社会環境部に異動(社内異動希望制度を利用し、本人が環境職を希望)
環境に関する企画、戦略立案、環境コミュニケーション、環境会計等を担当
1999年
社会環境部 企画室室長に就任
環境ビジョン、環境中期行動計画等のソニー全社戦略策定を担当
2001年
ソニーユニバーシティ(社内大学)に選抜される
☆「2010年のソニーを考える」テーマ論文で銀賞受賞(金賞は該当なし)
2002年
ソニーイーエムシーエス株式会社の立ち上げに請われて参画
(国内11製造事業所を統合、資本金67億4,100万円:100%ソニー株出資、売上規模約2兆7千億円、従業員数約2万名:発足当時)
経営品質部 統括部長に就任する、経営会議、MOC(Management会議)メンバー
☆2004年、2005年 ソニーイーエムシーエス社長賞を2年連続受賞
2003年
環境NPO:ジャパン・フォー・サステナビリティを枝廣淳子と共に設立、共同代表を経て、理事長
2006年
大阪大学サステナビリティ・サイエンス研究機構 特任准教授に招聘される
2007年
ソニー株式会社を退社(環境/CSR経営に関する方向性の相違のため決断)
国連グローバルコンパクト日本運営委員会事務局長を担当
環境省中央環境審議会 環境情報専門委員会委員に就任
2008年
法政大学大学院客員教授に招聘される
2010年
東北大学大学院環境科学研究科特任教授に招聘される
2013年
神戸大学非常勤講師
2018年
サステイナブル経営総合研究所を設立、所長に就任する

ビジネスでは21年、教育・研究、NGO/NPOの領域において15年以上の職歴を持ち、特に環境、CSR分野においては、国内外に広範な人脈を保持し、確固たるビジョンを保有する。

近年は、SDGsも含めた企業・自治体のコンサルティング実績多数。2021年より岡山大学環境理工学部にて教鞭を執る。

環境・CSR関連の主たる公職・社会活動

委員会活動など:

1997年4月~1999年12月
日本機械輸出組合 環境・安全グループ
「貿易と環境 国際ルール専門委員会」委員
1998年4月~1999年5月
環境省「政府活動のグリーン化推進のための新たな仕組み等検討調査」
委員会委員
1998年4月~1999年3月
環境省「環境保全コストの把握及び公表に関するガイドライン検討会」委員

 

NGO活動:

2002年、環境NGOジャパン・フォー・サステナビリティを設立。
枝廣淳子氏と共に共同代表を務め、のちに、理事長。
法人会員企業・自治体:80団体、ボランティア約500名で、持続可能な日本のビジョンと指標開発を行いつつ、海外191カ国に日本の環境、サステナビリティ情報を英語でグローバルに発信。

特記事項として、大和証券グループとパートナーシップを組んで、2007年から、ダイワJFS青少年サステナビリティカレッジを開講。ダイワエコファンドの利益の一部を原資として立ち上げたオープンカレッジ。4年間48回の講義をデザインし、ビジネス、行政、NGO、アカデミアから毎月1名ずつ招聘し、サステナビリティの全体像を学ぼうというプロジェクトのリーダーを務める。
ここではサステナビリティを<世代間・地域間公正>、<多様性>、<容量、資源>、<意志とつながり>の4つの角度から位置付けている。
講義録は英訳され、海外191カ国に配信されている。
JFS内では基幹プロジェクトのひとつと位置付けられた。

環境・CSR関連の主たる業績

著書(単著1冊、共著4冊):

単著
多田博之著 『よくわかる環境会計』 中央経済社 2000年 PP1 – 150
共著
多田博之他共著 「第3章第3節 ソニーにおけるITと環境の取り組み」 PP99-106
『環境再生と情報技術』 三橋規宏著、財団法人地球環境戦略研究機関著 東洋経済新報社 2003年7月
多田博之他共著 『持続可能な社会を考える』 JFS 2006年 PP1-142
多田博之他共著 「4章 グローバル・コンパクトの国際的意義」 PP79-86
『グローバル・コンパクトの新展開』 江崎隆著 法政大学出版局 2008年
多田博之他共著 『持続可能な未来のために知っておきたい20の数字』 JFS 2009年 PP1-46

 

論文・寄稿関係:

環境経営、環境報告書&コミュニケーション、環境会計、環境指標、CSR、NGOマネジメント、持続可能性ビジョン・指標、SDGs等をテーマとした論文、寄稿等多数。

講演関連:

環境経営、環境報告書&コミュニケーション、環境会計、環境指標、CSR、NGOマネジメント、持続可能性ビジョン・指標、SDGs等をテーマとした講演等多数。

その他:

<環境経営に関する招待基調講演>

  • 株式会社西友
  • 松下電工株式会社
  • 三菱化学株式会社
  • 株式会社カタログハウス
  • 日本マーケティング協会 等

 

<企業のステークホルダーダイアログへの参画、主催>

2002年1月
第1回 トヨタ 環境ステークホルダーダイアログに参加
2003年1月
第2回 トヨタ 環境ステークホルダーダイアログに参加
2004年9月
太平洋セメント 環境ステークホルダーダイアログに参加

 

<自治体・企業等へのコンサルティング>

地方創生、環境経営、CSR経営、SDGs導入を主眼とした地方自治体、企業等へのコンサルティングの実績多数。
先方との秘密保持契約により、具体的実名はここでは開示せず。

 

<環境報告書・CSRレポート等への第3者意見の執筆、関与>

2004年
大阪ガス株式会社第3者意見書
2006年
エーザイ株式会社第3者意見書
2007年
NTTドコモ株式会社社長インタビュー
富士ゼロックスサステナビリティレポート第3者意見書
共同印刷株式会社社会環境報告書第3者意見書

教育業績の履歴

2000年
法政大学人間環境学部 特別講義
「企業の環境経営について」
亜細亜大学経営学部 特別講義
「企業の環境経営について」
2001年
武蔵工業大学人間環境学部 特別講義
「企業の環境経営について」
2002年
山梨大学工学部 非常勤講師
「環境マネジメント」
「環境会計論」「環境コミュニケーション論」