サステナビリティをイノベーションの原動力に

サステイナブル経営総合研究所 Sustainability Business Research Laboratory

設立趣意書

サステイナブル経営総合研究所設立趣意書(ご挨拶)   「失われた10年」という言葉が、時に日本では使 …

続きを読む

研究所の活動内容

研究領域 サステナビリティを基軸にして、経営の視点から、国内外の様々な組織体の、主として環境経営、CSR経営の …

続きを読む

過去の経歴と仕事

代表・多田博之 プロフィール 職歴 環境・CSR関連の主たる公職・社会活動 環境・CSR関連の主たる業績 教育 …

続きを読む

ステークホルダーの声

サステイナブル経営総合研究所の設立にあたり、ステークホルダーの方々から寄せられたメッセージを紹介します(五十音 …

続きを読む

サステイナブル経営総合研究所 ブログ

「持続可能な社会とは」

CSR、CSVにしても、ESGにしても、SDGsにしても、その究極のゴールは、いうまでもなく、持続可能な社会の実現です。しかしながら、正面切って「持続可能な社会とは、どんな社会ですか」と問われてみると、答えに窮してしまう人が、とても多いように思われます。辛うじて答えを返す人でも、いわく「循環型社会」、「人と自然とが共生する社会」、「環境、経済、社会がバランスがとれた状態」など。どれも不正解ではありません。しかし、どれも、持続可能な社会の一断面を述べたに過ぎないとも言えます。

私は、だいぶ以前ですが、仲間と、持続可能な社会とはどんな世界かを、深く突き詰めて考察したことがあります。その結果、世界には実に様々な「持続可能性」、「持続可能な社会」の定義があることが分かりました。私たちは、時間をかけてその一つひとつを比較、検討し、ベンチマークしてみました。その結果、5つの要素が持続可能性の重要構成要因であるという結論に達しました。

次回は、その5つの構成要素をご紹介し、私たちが、「持続可能な社会」をどのように定義したかを具体的にお示ししたいと思います。どうぞお楽しみに。

ちなみにこのブログは、1か月に1,2回程度更新していきたいと思っていますので、時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。今後共どうぞよろしくお願い申し上げます。

多田博之

過去のブログ